YOCCOの日記

主婦の日々の暮らしの中での発見やちょっとした出来事を記しています

毎日の料理のお助け役 今欲しいキッチン雑貨3選 パンをおいしく冷凍できる袋!?

YOCCOの日記をご覧いただきありがとうございます。

 

毎日、毎日料理しているとこんな物欲しい、あったらいいのにというものがありますよね。今回は個人的に今欲しいキッチン雑貨をご紹介したいと思います。

1つ目はこちら

stasher(スタッシャー)


 

 

海外の通販サイトを見ていた時に見つけたシリコンバッグ。

料理をするときは100均でフリーザーバッグを購入して、漬け込んだり、

保存したりに使っていましたが、洗いにくかったりなんとなく袋自体が頼りなく、何回も洗って使う気になれず、毎回捨てていたのですが、これが結構もったいない!!なにかいいものがないものかと思っていた時に出会ったのがこのシリコンバッグ!

でも、このシリコンバッグがただのシリコンバッグではないんです。

スタッシャーの特徴

● 原料は食品容品質として認められている100%ピュアプラチナシリコン
● 密閉をかなえるピンチロックシステム
● 幅広い温度帯に対応
 (冷蔵庫での保存、電子レンジでの加熱、沸騰したお湯やオーブンでの調理など)
バクテリアが繁殖しにくい材質(表面が多孔質ではない)
● 洗浄して何度もリユースできる(およそ3000回使用可能)
● 複数のサイズや豊富なカラーバリエーション展開

 これなら何回も使うことができるし、しっかり保存もできるし、料理もできるし、買うしかないという感じです。

 

2つ目は

マーナ パン冷凍保存袋


 

みなさん、パンはどのように保存されていますか?

パンは時間が経つとどんどん水分が減っていき、購入時にはあんなにおいしかったパンが数日後には別物に感じるほどパサパサになっていたりします。

これから梅雨、夏と注意が必要な時期になってきました。

我が家はすぐに食べることができないときは、ラップで包んで、その次にアルミホイルで包んで、フリーザーバッグに入れて冷凍庫に入れていました。

なんと手間のかかることでしょう!!!

ラップもアルミホイルもたくさん使うし、私みたいな雑な人間がやると、しっかり包めてなくてパンがはみ出していることなんてしょっちゅう。

そこで見つけたのが、パンの保存袋です。

マーナ 冷凍保存袋の特徴

● ニオイ移りから「風味」を守る。アルミを挟んだ3層構造。外気の侵入を防ぎ、しっかりと密封を叶えます。
3層構造の袋なら、内側からも空気を逃さないため、パンの水分もしっかりキープ。口もしっかり密封できるように、閉めやすいダブルチャック仕様になっています。
使い捨てではなく、何度も繰り返し使えるのも嬉しいポイント

 買った時の袋から、この保存袋に入れ替えるだけなんて、楽すぎますね!

 

3つ目は

保存容器7点セットiwakiガラス製


 

子供の様子をみながら料理をするのが大変になってきて、作り置きをするようになりました。ナムルや肉じゃが、きんぴらなどの油物を普通のタッパーに入れると、ニオイや油がなかなか取れず、ホーローやガラスがいいなとずっと思っていましたが、値段を考えるとなかなか購入に踏み切れず、我慢して安いタッパーを使っていました。ガラスだとニオイや汚れが落ちやすいので、安いタッパーより長期的に使えるし、そのまま食卓に出してもおしゃれに見えるので、お皿に移し替える必要もなく洗い物も少なくて済むのでとってもいいですよね。

iwakiガラス製保存容器の特徴

容器に入れたままレンジ・オーブンOK
ニオイや汚れが落ちやすい

そのまま食卓に出せる

 中身が見えて整理整頓しやすい

 

毎日の料理のお助け役になる便利キッチン雑貨。

今回の3つはとても実用的で、持っていて損はない商品だと思います。

特にパンの保存袋はラップとアルミで包んでフリーザーバッグに入れている手間を考えると、かなり楽ができると思います。

ぜひ、お助け役の便利キッチン雑貨を使って、毎日の料理時間を楽しいものにしてください。