YOCCOの日記

主婦の日々の暮らしの中での発見やちょっとした出来事を記しています

不妊治療のために仕事を辞めた~そして今~

f:id:YOCCO:20210612214801j:plain


YOCCOの日記をご覧いただきありがとうございます。


現在1歳の娘と主人の3人暮らし。毎日主婦業に勤しんでいます。

 

以前は医療事務の正社員として仕事をしていました。

残業はあるし、患者さんやドクターとの関係つくりはなかなかストレスで、またやりたいかと言われると、やりたくない気持ちの方が強いかもしれません。

お給料は月平均17万、ボーナス4.5カ月分で、勤務先も家から車で数分の所にあり、なんだかんだ言いながら7年続けました。

 

退職のきっかけは本格的に不妊治療をするため

結婚して妊活を始めて1年経った頃でした。

この時すでにいろんな検査をしたり、タイミング法、人工授精も数回トライしていましたが、妊娠に至らず、体外受精に切り替えるかどうか迷っている頃でした。

正直、治療をしたからと言って妊娠するかわからないし、お金もかかるので、退職することが正解かどうかはわかりませんでした

もちろんそういった理由で病院からも仕事を続けてみては?と説得されましたが、高プロラクチン血症と診断されたこともあったため、ストレスを感じず、誰にも迷惑をかけないようにするためには退職するしかないと、まわりの説得を振り切り退職することにしました。

不妊治療で退職された方、退職するか悩んでいる方はよくわかると思いますが、仕事との両立って本当に大変です。

周りの理解が必要と言いますが、一部の人だけの理解ではだめだなと私は思っています。

言葉では「いいよ、大丈夫だよ」と言われても、目が笑っていなかったり、あからさまに無視されたり。

他人に迷惑をかけながら結果がいつ出るかわからないことを続けることは、心が病みます。鉄の心臓を持てたらどんなに楽か・・・

会社全体で理解のある環境作りができていくと、個人の意識も変わっていくだろうし、もし、自分がその立場になった時も受け入れやすいと思いますが、そのような環境が整った企業はまだまだ数少ないのではないでしょうか。

男性の方も他人事に思うかもしれませんが、決して他人事ではありません。

もし、自分やパートナーが不妊とわかった時、男性もその後治療が必要で会社を休んだりすることがあるかもしれないし、パートナーに治療が必要な時は心のケアを男性が積極的にする必要があるかもしれません。

そんな時にパートナーの職場環境が良ければ、サポートもグッと楽になると思います。

 

運よく妊娠できた方、結婚や妊娠に興味関心がない方、生き方はそれぞれなので、

妊娠したくて必死になってる人のことなんてどうでもいいと思う人もいるかもしれません。

ですが、そこはグッと我慢?その人の立場になって、寄り添ってあげて欲しいなと思います。

 

不妊治療をする時の環境の問題について書きましたが、果的に私は退職してよかった人間です。

退職後、思い切って体外受精に切り替え退職から3か月後、1回目の体外受精で妊娠し無事に出産することができました。1回の体外受精で妊娠できたことは、本当にラッキーだと思っています。

不妊治療の時の話はまた機会があればしようと思いますが・・・

 

少し出産後の今の生活の話をしたいと思います。

文頭、主婦業に勤しんでいると書きましたが、主婦業と並行し、在宅で仕事をちょっとやっているところです。

自分で働く時間を決めたり、仕事の量を決めることもでき、とっても満足しているところです。

 

不妊治療のため仕事を辞めた人、辞めようか悩んでいる人、不妊治療ってお金必要ですよね。

休みやすい職場に再就職するのもありだと思いますが、なかなかそんな仕事に就けるかわからないし、いつ妊娠するかわからないし、不妊治療の期間がどれくらいになるかもわかりません。

もし妊娠したとしても出産してまた仕事ができるようになるまで、かなりの時間があると思います。

その治療期間の時間、家事だけしているってもったいないと思うことありませんか?

何か仕事ができたら社会に取り残されたような不安を感じることはないし、お金が少しでもあれば、おいしいスイーツを買ったり、お洋服の1つや2つ買うことも躊躇しなくて済むかもしれません。

微々たるものかもしれませんが、治療費の足しになるかもしれません。

実際、私は退職した後とっても不安でした。

退職して出産するまで無職で出ていくお金ばかり、今まで自分のお金でいろいろ買ったりできていたことが、主人のお金でやりくりしないといけないことへのストレスで、どうにかしてお金を稼げないかと毎日考えていました。

 

 残念ながら今やっている在宅の仕事を始めたのは娘が1歳になった時だったので、

もし、退職後すぐにでも在宅の仕事を始めていたら気持ちももっと楽だっただろうなと思っています。

 

 不妊治療をしながら仕事を両立させることの大変さもわかるし、辞めた後の大変さもわかります。

この記事を読んでくださっている方、それぞれに生活スタイルや考え方があるので、絶対に在宅の仕事がいいですよ!とは言いません。決して在宅の仕事を斡旋している者でもありません。

ですが、私は今現在在宅での仕事をしていて、メリットがたくさんあると感じているので、もし同じような状況で困っている方がいたら、1つの選択肢として在宅ワークも検討してみてはと思っています。

今はポイ活やコロナの影響もあり、隙間時間にお小遣い程度のお仕事が増えているのではないかと思いますので、調べてみてはいかがでしょうか。